中等教育学校のページへようこそ

中等教育学校は、住吉中学校と明石中学校を前身とし、平成21年4月1日に新設された中高6年間一貫教育の学校です (第1学年からの学年進行)。現在は、住吉校舎と明石校舎に分かれていますが、平成27年度からは、全ての生徒が住吉の地で学校生活を送ることになります。詳細は、附属学校再編計画へ。

- 校訓 -

  • 「自治」 「協同」 「創造」

- 教育目標 -

国際的視野を持ち未来を切り拓くグローバルキャリア人を育成します。「見つける力」「調べる力」「まとめる力」「発表する力」の四つの力を、教科の学習はもちろん、「Kobe ポート・インテリジェント・プロジェクト」や様々な教科外活動、部活動を通じて総合的な教育体制の下で育成します。

- 目指す生徒像 -

  • 主体的に自己の未来を切り拓くことのできる生徒
  • 国際的な視野を持ち、自他を認め合って行動できる生徒
  • 文化を創造する実践力を身に付けた生徒

- 教育課程の特色 -

「ゆとり」
生徒の生活体験、自然体験、社会体験等の実体験の不足を補うために、観察・実験、調査・見学・フィールドワーク、ものづくり等の体験学習を積極的に取り入れます。
学んで得た知識と生活、自然、社会等との結びつきを実感するとともに、体験を通して知る感動、創造する感動を味わい、知的好奇心や探求心を高めます。
「継続」
思春期を高校受験によって分断されることなく、心身の健全な発達を図ります。
一人ひとりの個性を十分に把握し、伸長する教育、一貫した進路指導、計画的・系統的なキャリアの形成など、将来への夢と志をもち、その実現に向けて努力する態度を養います。
「交わり」
異年齢集団による種々の活動を積極的に取り入れ、幅広い人間的交流の中でリーダーシップや他者との協調的態度を養います。
地域社会との交流を深め、福祉や環境問題などの社会の課題に関心をもち、進んで社会に貢献しようとする態度を養います。